<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

海とシークワーサー

e0046954_23463488.jpg
久しぶりの『旅石けん』♪

石垣島のシークワーサージュースで作った石けんです。
青い海をイメージして、ラピスで青を。

型出し後は、もっと透明でシャーベットのような雰囲気でしたが、
徐々に落ち着いて、石けんらしくなってきました。

今年最後の夏ソープ。

アクシデントでちょっと潰れてしまいましたが^^;
それは自分で使うとして、ご愛嬌。

シークワーサー効果で、きっと肌が元気になるはず・・・?!
[PR]
by tunagusoap | 2011-10-09 00:11 | work

夢の石垣島

e0046954_052421.jpg
20数年振りに石垣島に行って来ました。
前に来たときには、ホントになんにもなかったのに、なんだか色々出来ていて、
とても住みやすそうな島になってました。
そして、相変わらず海も空もきれいだし、みんな陽気で親切だったんですが、
残念なことに、サンゴも魚も減っていたし、
自然のムッと鬱蒼とする感じも薄くなっていた気がします。

e0046954_058566.jpg
石垣島に行く前に、テンペストにちょうどはまっていました。特に、ドラマの。
あの衣装の美しさに惚れぼれ。
琉球の女の人たちはほとんどみんな機織りをしていたそうで、苧麻を紡いで染色をして織るという。
恋人を想い、兄弟を想い、女性が男性の為に織ったと云われるみんさ織り。
いつか私も機織りがしたいと思っていたので、これを機会に八重山みんさの体験をしてきました。
織ったのは海の色のいつよ柄。五ツ玉、四ツ玉の模様を織り込んだこの布は、
「いつ(五)の世(四)までも末永く」という想いが込められていて、
婚約が決まると、女性が男性にこの柄の帯を贈ったそうです。

e0046954_120346.jpg
家族で石垣島に住みたいね~なんて話をしてたんですが、
それぞれが別行動中に、おのおのがなんとなく石垣に移住してきたという人に遭遇し、
色んな話を持ち帰ってきました。
私は、石垣に住んで10年というバングラデシュ人(だったけかな?)に会いました。
商店街のはずれでアクセサリー屋を営んでいる彼ですが、
「色々苦労はあるけど、何より石垣の人はみんないい!」という事でずっと住んでいるんだそうです。

e0046954_0535434.jpg

憧れの石垣島生活。
機織りしながら暮らせたら、なんと楽しいことだろうな~と夢が膨らみました。
もうすぐ、新しい石垣島空港が出来て、東京~石垣島間が行きやすくなるから、
そしたら又、夢を膨らましに行きたいなと思っています。
[PR]
by tunagusoap | 2011-10-05 01:50 | diary


すべては別のようでいて、実は繋がっている。


by tunagusoap

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Homepage

カテゴリ

greeting
work
event
diary
trip
kichen

twitter

以前の記事

2014年 10月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

その他のジャンル

画像一覧